【事業内容】

東京都内において有害鳥獣による各種農作物や地域固有植物などへの被害が報告されていることから、鳥獣保護法第9 条(鳥獣の捕獲等及び鳥類の卵の採取等の許可)に基づき、有害鳥獣の捕獲活動を行っている。また、有害鳥獣捕獲の依頼を受けて従事した申請のあった地区に対して助成金を交付している。有害鳥獣捕獲活動を行うことにより、自然環境の改善及び保護に貢献している。

各地域における被害実績として、タケノコ・イモ類・果物等の各種農作物への被害報告があり、特に小笠原村においては小笠原固有植物に対する被害報告があった。

これを受けて行った平成29年度における有害鳥獣捕獲実績は次の通りである。

鳥獣名 捕獲数 鳥獣名 捕獲数 鳥獣名 捕獲数
カラス 119 ヤギ 75 サル
シカ 288 イノシシ 139 ハクビシン 14
タイワンリス 630 キジハト 10 アナグマ 14
アライグマ 52 ヒヨドリ  タヌキ 28


また、有害鳥獣捕獲の依頼を受けて従事した申請のあった地区に対し、延べ18 回分について1 回あたり3万円を助成した。

なお、これらの有害鳥獣捕獲を行った結果、農作物等の被害減少の報告があった。




▲ このページの先頭に戻る