銃を所持するためには、”猟銃・空気銃所持許可証”を取得しなければなりません。そのためには、前もって”猟銃等講習会”(初心者)を受講しなければなりません。

この講習会を受講しなければ、銃を所持することはできません。


〜銃を所持するまでのステップ〜

1.猟銃等講習会(初心者)
◆申し込み先 ・居住地を管轄する警察署の生活安全課
◆申し込み必要書類

・受講料:管轄する警察署へお問い合わせください
・住民票:1通
・申し込み用紙:警察署にありますのでその場で記入
・写真(24ミリ×30ミリ):2枚
・印鑑           

大体月に2回程度(土曜日)に開催されています。前もって申請が必要ですが、受講1日で済みます。講習終了直後に三択形式の試験が行なわれ、合格すると、講習終了証明書が交付されます。

2.射撃教材の申請
◆申し込み先 ・居住地を管轄する警察署の生活安全課
◆申し込み必要書類

・射撃教材受講申請書
・写真:2枚
・戸籍謄本及び住民票の写し
・猟銃等講習終了証明書
・経歴書
・同居親族書
・医師の診断書(フォーマットは決まっています)

教習は射撃場で行なわれます。射撃教材受講を警察署へ申請するときに、どこの射撃場で、いつ受講するのかを申請しなければならないので、予め射撃場へ教習を申しこまなければなりません。警察署で申請後、約1ヶ月後に、射撃教習受講資格認定書が発行されます。

3.射撃教習
射撃教習は前述の資格認定書が発行されてから、3ヶ月以内に受ける必要があります。費用は約3万円+装弾代くらいです。射撃練習では、銃の取扱い方法(マナーを含む)、各種競技概要等の講義と、教材銃を使用した実技とで約1日かかります。教習の最後に実射考査があり、合否の判定がおこなわれます。


いよいよ銃の購入です!

4.銃砲の所持許可申請
教習射撃に合格したら、銃砲店から譲渡承諾書を貰って、申請書類と共に警察署へ提出します。
◆申し込み先 ・居住地を管轄する警察署の生活安全課
◆申し込み必要書類

・射撃教材受講申請書
・写真:2枚
・戸籍謄本及び住民票の写し
・猟銃等講習終了証明書
・経歴書
・同居親族書
・医師の診断書(フォーマットは決まっています)

銃を所持するにあたって、ガンロッカー、装弾ロッカーも必要となりますので、予め用意しておく方が良いでしょう。許可は通常1ヶ月前後でおります。 所持許可証が交付されたら、銃砲店で銃を受け取り、14日以内に警察署へ行って確認して初めて使用できる状態になります。また、この時に「狩猟用火薬類譲受許可」の申請を一緒に行なってください。これがないと、装弾が購入出来ません。


▲ このページの先頭に戻る